『おろか者』

 
どれだけ要らなくたって 捨てられやしなかった

どれだけの皮を剥いでも 出て来るのは自分なんだ

わからない 僕の事なんてさ わからない


黄色い線の外側 胸の内を探る
誰も止めてくれないのに 飛び込めやしないじゃんか

電車が鼻の先をかすめ続ける


とめどなく 力無く 立ちぼけたまま まだ
苛ついた どうしようもない現実がこびりついたまま

ふざけるなふざけるな お前のせいだろまた
目に見える劣等感だけ ただただ酷く腹が立つ



揺れて しどろもどろ
脆く かわるがわる
溶けて はなればなれ

そんな思考止めてくれ



どれだけだ
才能とか奇麗な言葉じゃなくて
あなたという存在はただどれだけそこで鳴っている?

黄色い線飛び越えて 電車はもう僕の背中の後ろ

たとえ今だけでも夢を見ている

関連する記事

Twitter

TOPICS

ポッグカウチナゲット

世田谷の猫が、今日も『みゃーみゃー』と鳴いております。⇒more

和田貴之(Vo.)
小林信行(Gt.)
藤沼秀一(Ba.)
飯田  貢(Dr.)
賀谷  聡(Gt.)

pog_couch_nugget@yahoo.co.jp

スマホ版

search this site.