『夕立』

 
30℃の暮れてく街を
包むのは 夕立の雲


遠くの方 雷が鳴った
歩道橋の上 記憶が降る



去年と同じ事を
今年も思えるだろうか



たどたどしく
ただただ過ぎて
移ろうのは 日々も人も


ぽつりと一つ
雨は降り出して
あっという間に身体を打つ



途切れて無くなるのさ
少しもかなしくはないよ





途切れて無くなるのは
いつかの口約束だった


何処か遠くに行ってしまった

夕立みたく
におい残して




またこうやって
今年も思い出す




歩道橋の上
雨は上がって

浮かぶのは ふわりと
昔の情景


馬鹿みたいに
好きだったんだって


いつだって消えそうもない

関連する記事

Twitter

TOPICS

ポッグカウチナゲット

世田谷の猫が、今日も『みゃーみゃー』と鳴いております。⇒more

和田貴之(Vo.)
小林信行(Gt.)
藤沼秀一(Ba.)
飯田  貢(Dr.)
賀谷  聡(Gt.)

pog_couch_nugget@yahoo.co.jp

スマホ版

search this site.